うつ病チェック

うつ病は、進行がすすむと治療にも時間がかかる病気です。


もしかして、自分や家族がうつ病かもしれないと思ったら、
すぐに確認してみることをおすすめします。


自覚症状があり、早期発見ができればその分治るのも早くなります。



実は、病院に行かなくても、自宅でチェックできる方法があります。
インターネットで「うつ病」「チェック」などのキーワードを入れて検索してみてください。
クリニックのHPなど、簡単にうつ病チェックをできるサイトがいくつもヒットするでしょう。



内容は、

・なんとなく、不安でイライラすることがよくある
・いつもより早く目が覚める
・夕方になると気持ちが楽になる
・食欲が落ちている
・ささいなことで自分をせめるようになった


などの質問に、三択で答えたり、YESの場合だけチェックを入れ
その数を合計して診断したりという簡単な形が多いです。



サイトによってもチェックの内容は違います。

いくつかのサイトでチェックをしてみてもよいかもしれません。



診断チェックの結果が「専門家に診てもらった方がよい」と出なくても
少しでも気になった方は、病院で診察してもらうことをおすすめします。



うつ病チェックサイトで病院紹介をしているところもあるので参考になるかもしれません。



早めのチェック、早めの治療がうつ病の最善の対策です。
自分でなく、周りの親しい人が悩んでいるような場合もチェックをすすめてみてください。


自覚症状がなくても、このチェックによって治療へと背中を押して
あげることができます。
悩んでいる人は、背中を押して欲しいと願っているのですから。


posted by 悩める心 at 07:52 | Comment(0) | うつ病とは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

うつ病とは?

・近年増加傾向

・一生のうち、7人〜15人に一人がかかると考えられている

・女性がこの病気にかかる確率は、男性の2倍である
 (妊娠・出産や更年期の時期になる人が多いため)

・真面目な人、正義感の強い人がかかりやすい

・一般に病名が広まる前は、「怠け病」とも呼ばれていた

・近年は、「こころの風邪」と呼ばれている


この辺まで挙げると、「あ〜、あの病気のことかな」と浮かぶ方がいるかもしれません。
そうです。これは「うつ病」について述べています。

この病気は、日常のありふれた症状が多く、見逃されがちです。

しかし、放っておくと「死」につながりかねない病気なのです。



がんばればなんとかなるということではなく、
病気であるということを理解し、精神科を受診することがよくなることへの近道です。



うつ病という言葉が、今のようによく知られていないかった以前は、
周りからは怠けていると思われ、
自分自身でさえ落ち込んでいるだけだ、自分ががんばっていないだけだなどと思い込み、
病院にいかずに一人で抱え込んでしまうケースが多くみられました。



現在では、「うつ病」という言葉自体は広まってきています。


しかし、実際にはまだまだ「うつ病」について知られていないのが実情です。


7〜15人に一人が「うつ病」になる時代。
例え自分がそうならなくても、職場の人や友達など身近な人を含めて考えると、うつ病の人と接することは増えてくるでしょう。

実際、我が家にも、うつ病で苦しんでいる人間がいます。

人ごとではないのです。
日々、どのように接すればいいのか、周りの人間に何ができるのか、
考えていきたいと思います。
タグ:うつ病
posted by 悩める心 at 11:34 | Comment(0) | うつ病とは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。