うつ病の原因

うつ病は脳内物質の不足によって起こるということが
近年わかってきました。


脳内物質セロトニンの不足が原因だというのです。


では、なぜ、脳内物質が不足してしまうのか。

精神的なストレスが原因になることが一番多いといわれています。


多くの場合、仕事や学業のストレス・人間関係のストレスなどが
原因のことが多いようです。


でも、精神的ストレスは、「嫌なこと・つらいこと」ばかりでは
ありません。


時には、結婚・就職・進学・出産・転居など、自分にとって嬉しいこと
が原因になることも知られています。


自分にとって嬉しい出来事であるために、その喜びのほうが
勝っていて気が付きにくいのですが、そのような大きな環境
変化は精神的に様々なプレッシャーやストレスを与えることになり、
気が付いたら突然気分が落ち込んでいたということもあります。


このように「うつ病」の原因は心因性のものがほとんど
ですが、肉体的な病が精神的な焦りや落ち込みにつながり、
うつ病になることもあります。


また、脳に何かの衝撃をうけたり、薬の副作用や、加齢に
よるホルモンバランスの崩れが原因になることもあります。


さらに、真面目な人はうつ病になりやすい、とも言われ、
その人の性格も大きく関係していると言えるでしょう。


posted by 悩める心 at 09:00 | Comment(0) | うつ病の原因 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。