うつ病の薬

神経の働きを活発にするドパミン、ノルアドレナリン、セロトニンなどの量の調節が、抗うつ薬の働きです。


抗うつ剤は、たくさん挙げられますが、他の病気の薬と同じように、
海外では幅広く使われていても日本では認められていないというものも多くあります。


うつ病患者は、ビタミンB群が不足していると言われていることもあり
最近は、抗うつ剤とビタミンBの併用も増えています。

・モノアミン酸化酵素阻害薬【MAO阻害薬】
・三環系抗うつ薬【TCA】
・四環系抗うつ薬
・トリアゾロピリジン系抗うつ薬【SARI】
・選択的セロトニン再取り込み阻害薬【SSRI】
・セロトニン・ノルエピネフリン(ノルアドレナリン)再取り込み阻害薬【SNRI】

などが現在の日本でよく使われている抗うつ剤です。



当然ですが、抗うつ剤は、他の薬と同様に副作用の恐れがあります。
近年、前向きに生きる気分を持とうと「ハッピードラッグ」と名付けて抗うつ剤を服用する例が増えているようですが、
これはとても危険な行為です。


薬の服用は、必ず医師の診断のもとでおこないましょう。
抗うつ剤以外の薬を服用している場合や服用していなくても持病がある場合も、
必ず処方前に医師に相談してください。悪化してしまう恐れがあります。



また、薬の飲みすぎ(量が多すぎ)で、うつ病が長引いている、
症状が悪化しているというケースが最近増えています。
あまりにも多くの薬を処方されたり
症状がよくならない場合には別の病院に行ってみることも解決方法の一
つです。


タグ:うつ病の薬
【うつ病の薬の最新記事】
posted by 悩める心 at 00:00 | Comment(0) | うつ病の薬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。